NEWS

もっと身近で手軽なお菓子『アーバンスイーツ』を届けたい

マーク・グレイスと常喜厚生は運命的に出会いました。
それまで、二人で高級スイーツを手掛けてきましたが「もっと身近で手軽なスイーツを多くの人に食べてもらいたい。
特に子どもたちが食べて笑顔になるような。」という二人の想いが合致したのです。

街中で気軽に食べられるお菓子=『アーバンスイーツ』と名付けて、もっと身近な存在で親しみを持ってもらうことをコンセプトに新たなチャレンジが始まりました。
原点回帰、世界で一番最初にできた焼き菓子であるワッフル(ワッフラは最初の焼き菓子を意味しています)を手軽に食べてもらうために試行錯誤しました。

手軽といえども最高の素材、こだわりの製法は貫きました。
当店のワッフルはブリオッシュ生地をふんわりと焼き上げたもの。
素材には外国産より香りも良く甘い北海道産の小麦、香り高いオランダ製のバター、卵は通常の3倍とふんだんに使い、最高級のバニラはタヒチ産、砂糖は沖縄の黒糖とベルギー産のあられ糖で風味づけ、チョコレートも本場ベルギーのものを使っています。

これら最高の素材を使い、素材本来の味わいや香りを活かすため、2年の歳月を掛け配合いたしました。
そして、焼き方にもこだわりを持っています。
特製のベルギー製ワッフル焼成機を用い、手焼きで丁寧に焼き上げます。
この製法こそが職人のこだわりと腕の見せ所です。
これだけの素材とオールハンドメイドにこだわりましたが、あくまでも「高級ライン」ではなく誰もが楽しめる身近なスイーツで皆様がワッフラで笑顔になってくれることを励みに手ごろな価格でご提供させて頂いております。

ワッフルと共に煎餅からインスピレーションを受けたワッフルクッキーはフランスと日本の伝統と文化が融合した当店の完全オリジナル商品です。

もう一つ、ワッフラが自信を持ってお贈りするのがフランスのワッフルバターシュガーです。
150年前よりフランス北部、リール市より伝わるフランスの銘菓をマーク・グレイスが再現。
伝統を守りながらも、独自の感性で革新的な美味を創造します。
マークの生まれ故郷のワッフルで、フランスにしかないお菓子です。
これを日本で味わえるのは恐らく当店だけです。
薄く柔らかく黄金色に焼き上げたワッフルにジャリジャリした食感が新しいバターシュガーをサンド。
コーヒーにも紅茶にも、日本茶とも合う絶品スイーツです。

これからもこだわり続け、お客様の笑顔のために常に新たな商品をご提供して参ります。

アシヤガワ手作りワッフルで皆様が幸せになることを願い。